プロミス 案内所 比較

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


消費者金融の提携について知ろう

消費者金融を利用するのはどんな時でしょうか。住宅・教育・老後というのがイメージできるでしょうが、相談するところによって、提携している機関のローンを勧められることが多いようです。
提携ローンの場合、使用用途は自由度が極めて高く、例えば、不動産の場合には物件の審査が不要になるなどのメリットがあります。
担当者も手続きに慣れていますから、手間暇が掛からず、何かと便利です。
非提携ローンの場合の違いなども確認してみましょう。
例えば、審査は先にあげたように物件審査はなし、本人審査だけです。
購入価格の9割の借入も可能にする商品もあります。
金利水準は一般の金利引下げより若干低くなっていることもあります。
ちなみに、不動産の取得に消費者金融を扱うのなら、別途手数料我かかることもあります。
これは、消費者金融によって異なり10万円程度かかることもあるので注意が必要になります。
また、どの消費者金融においても、必ずといっていいほど、『うちのローン商品はどこよりも金利が安い』『あなたの条件では一般のローンを組むのは難しい面があるけれど、ウチなら大丈夫ですよ』などと推奨してくることもあります。
実際、金利などの条件面でも一般のローン商品よりも有利な内容になっていることが多いのですが、それでも、詳細に探してみると、それ以上に有利なローン商品が見つかることもありますし、闇金という悪質なサービスを提案されてしまうこともあるので、情報収集はしっかり行いましょう。