アイフル 申込ナビゲート


返済額を減額できる方法

消費者金融業者により、借金相談により難を凌ぐことができることもありますが、親子で貸し借りをするのとは違い、返済することが借り手の義務になります。
しかし、返済が苦しくなるときもあるでしょう。
いわゆる金融機関とは異なり、1万円単位で融資を受けるという小口からの借り方が理想的ではあるのですが、大きな買い物になるのなら、限度額まで借りる消費者も少なからずいますし、複数社から借りることもあれば、あまり考えたくはかいですが、返済が始まった後、収入がダウンしたりして、返済が困難になることがないとはいえません。
その場合でも対策はあります。
金融機関にしても、ローン破綻して全く返してもらえなくなるより、多少条件面で譲歩しても返済を続けてもらうほうがいいに決っています。
民間金融機関ではどのような対応をとっているか公表していませんが、業界では返済方法の変更メニューをしっかり用意してくれています。
年収が年間返済額の4倍以下にダウンしたなど、一定の条件に当てはまる人が対象になりますが、返済期間を延長したり、一定期間元金を据え置いて利息支払いだけにするなどの救済策を活用することができるわけです。
民間、いわゆる消費者金融でもこれに準じた対応をしているようです。
延長してみても難しいというとき、元金を最長3年間据え置くことができ、金利が1%下がるのなら返済額も3割から4割ほどに減額できるケースもあります。
こうした相談には恥ずかしくて行けないものですが、放置すれば、マイホームが競売にかけられたり、失った上に借金が残ってしまったり、保証人に迷惑をかけることに陥る可能性があります。
延滞する前に勇気を出して、利用している消費者金融の窓口を訪れ、何とか対応策がとれないか相談してみるのが肝心です。