キャッシング ドッグファンjp

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


消費者金融への申込時や契約書について

消費者金融での借り入れには審査がつきものです。厳しい内容ではありませんが、定職に就いていることは条件のひとつです。
申込時には、年収の確認をすることもありますから、確認書類も用意しましょう。
源泉徴収票、課税証明書、確定申告書などが一例です。
融資額が高額であるのなら、資金の用途に関する書類が必要になる場合もあります。

もちろん、消費者金融では使途自由というのが一般的ですから、根掘り葉掘り聞かれることも調べられることもありません。
しかし、先に上げたように例えば、住宅ローンの借り換えの場合などであれば、資金の用途に冠する書類として売買契約書、建築工事請負契約などを用意しましょう。
また、計画的なご利用というのが消費者金融の謳い文句ですが、現在の借り入れの返済予定表なども必要になります。

さらに、消費者金融での借り入れでは本人確認書類は必須です。
印鑑証明書、住民票の写しですが、日本人のみならず、外国人も審査を合格すれば融資を受けることは可能で、この場合には外国人登録原票記載事項証明書を用意しましょう。

最近では、住宅ローンの借り換えに消費者金融が利用されており、契約時には抵当権設定契約証書が送付されてきます。
また、登記関係の書類や火災保険関係などの書類も契約時には必要になったり、送られてきたりするので、書類の用意や保管は抜かりなく行っておきましょう。
気になることはそのままにせず、しっかり電話あるいはメールにて確認しましょう。