防災ひとくちメモ

【No.14】 10円玉と公衆電話

10円玉を用意
大きな災害が発生すると一般電話(固定電話)や携帯電話が繋がりにくくなることをご存知のことと思います。
一般電話(固定電話)は過去の災害時に95%の通話制限を行ったことがあるほか、携帯電話も大幅な通話制限を行っています。
携帯電話の場合、通話制限だけでなく、電波を送受信する基地局が被害にあうと、全く繋がらなくなることもあります。
ツイッターなどインターネット経由での連絡方法も脚光を浴びていますが、まず注目したいのが公衆電話です。
公衆電話は第一段階の通話規制を受けないので、比較的繋がりやすくなっています。
そこで非常持出袋などには必ず10円玉を複数用意しておくことをお勧めします。
携帯電話の普及により公衆電話の設置台数は少なくなりつつあります。
自宅周辺、学校周辺、勤務先周辺などどこに公衆電話があるか日頃から調べておくようにしましょう。

防災ひとくちメモ一覧へ