防災ひとくちメモ

【No.01】 食料・物資の備蓄

飲料水・食料・生活必需品などの確保をしておきましょう
■各家庭では/
各家庭では、家族の食料・3日分程度、飲料水も3日分(1人1日1リットル)の食料の備蓄をしましょう。
大規模な災害の場合では交通状況を含む物資の流通が回復するまでに3日程度かかると想定されています。
食物アレルギーなどの方は備蓄する材料もチェックしておきましょう。
また、カセットコンロなど調理用熱源や燃料の確認や石油ストーブなど停電時でも使用可能な暖房器具や燃料を確保しましょう。 その他災害時に必要な物資(携帯ラジオや懐中電灯など)の予備の電池も用意しておきましょう。
事前に近所の避難地場所の確認も行ないましょう。