特派員だより

しだまち特派員

むるぶ編集長さん

<藤枝市在住・50代・男性>

むるぶの企画で、志太の名所やイベントを巡っています。
記事とかぶらない範囲で、面白い志太情報をお届けしたいと思います。

水木しげるの妖怪道五十三次

2011/9/30

藤枝市岡部支所のミニギャラリーで9月24日から始まった「水木しげるの妖怪道五十三次展」に行ってきました。

朝ドラの「ゲゲゲの女房」で脚光をあびた水木しげるさんですが、80歳の節目として2年間を費やして取り組んだ300余の妖怪が登場する五十三次は壮観です。

広重の「東海道五十三次」と上下に並べられていてその対比がとても面白く、何回見ても飽きることはありません。

会場には、等身大の「鬼太郎」や「目玉おやじ」「ぬりかべ」「一反木綿」などが展示されていました。

作品のヨコに作品名とともに作者の解説文が付記されていて、ちょっと小さい字で読むのが大変ですが、なかなか面白い文章なのでこれを読みながら見ていくと1時間コースつなりそうです。

その他にも十数点の妖怪の原画が展示されています。

おまけの企画として、鬼太郎グッズを販売しているお店のスタンプを3つ集めると先着1000名にグッズのプレゼントがあります。

11月27日まで開催中です。