私達にできる環境保護

スーパー

スーパー

毎日のように利用するスーパーや商店。
スーパーや商店も環境保護のためにいろいろな工夫や努力をしています。利用する私たちもいろいろな工夫で環境保護に貢献しましょう。

■マイバッグ運動

スーパーや小売店などで商品を買ったとき、レジ袋を使わず、私たちが持参した袋やバッグを使用しようという運動がマイバッグ運動です。
レジ袋は石油などの貴重な資源から作られておりますが、すぐに使い捨てられることが多いものです。そのムダを排除すれば私たち一人一人が環境の保護に参加した事になります。
私たちが持参するマイバッグは「エコバッグ」とも呼ばれており、かわいいデザインのものや便利な作りをしたものも出ています。
ご自分で作ってお買い物を楽しみながら環境保護に参加してみませんか。

■過剰包装の排除

商品を必要以上に紙やプチプチ、発砲スチロール等で包んだり、包装紙をかけた上に化粧包装をするなどを「過剰包装」と呼びます。
慶弔の贈り物やプレゼント、土産品などは、気持ちを表すために過剰な包装になりがちですが、普段使いの商品については過剰包装を断って環境保護に参加してみませんか。

■詰め替えできる商品を選ぼう

詰め替えできる商品は詰め替え用の容器が一般の容器に比べその体積が少ないことが通常です。
このような商品を選ぶことも環境保護に参加していることになります。お値段もちょっとお得なことが多いため環境にもお財布にも優しい商品です。

■省エネタイプの商品を選ぼう

電化製品を購入するときは、省エネラベルが付いている商品かどうかを確認してみましょう。省エネラベルが付いているかで省エネ基準を満たしている商品の判断ができます。省エネ性能もマークの種類によってわかるようになっています。

省エネ性能が優れた製品マーク
(100%以上省エネ基準を達成している製品。)

省エネ性能がやや達成されている製品マーク
(100%未満。省エネ基準を満たしていない製品。)