新しいエネルギーと環境保護

天然ガスコジェネレーション

天然ガスなどを使ってエンジンや発電機を使って「電気」を作るときに発生する「熱」も同時に利用して給湯や暖房に使うシステムで電気と熱の両方を作り出すことができます。ですから燃料が本来持っているエネルギーを無駄にすることなく、効率よく利用することができます。この熱電併給システムを「コジェネレーションシステム」といいます。

各家庭用の天然ガスコジェネレーションシステムは通称エコウィル(ECO WILL)と呼ばれています。燃料電池コジェネレーションシステム通称エネファームとよく似ています。天然ガスコジェネレーションシステムは通称エコウィルが電気を作るときにエネルギーを直接利用し熱も一緒に上手に使うのに対して、燃料電池コジェネレーションシステム通称エネファームはガスから抽出した水素と空気中の酸素を、化学反応させる事により放電と熱で、お湯と電気を作っています。