新しいエネルギーと環境保護

クリーンエネルギー自動車

電気自動車やハイブリッドカーだけでなく、天然ガスなどを利用した環境にやさしいエンジン(動力)を搭載し走ることのできる自動車をこう呼びます。現在主流となっているガソリンエンジンまたはディーゼルエンジン自動車の排気ガスには、地球温暖化や大気汚染の原因となる、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などが含まれています。

電気自動車は、電気の力でモーターを駆動するため排気ガスを出しません。最近人気のハイブリッド自動車は、ガソリンによってエンジンを動かし状況によっては電動モーターを使い二つの動力を組み合わせて効率良く走るので排気ガスを減らします。また、天然ガス自動車やメタノール自動車は、炭素や有害物質の少ない燃料を使うので、排気ガスの中の二酸化炭素や硫黄酸化物などを減らします。このようにクリーンエネルギー自動車の導入は、これらの問題の解決に大変有効です。