新しいエネルギーと環境保護

風力発電

風力発電とは読んで字のごとく、風の力を利用して電気を作る仕組みのことです。発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスの排出がないため、環境保護の観点から期待されている新エネルギーです。風という自然がもたらすエネルギーを利用するため比較的発電コストが低く、エネルギー自給率の向上が見込めます。発電のために燃料を必要としないため、燃料価格の変動や枯渇に対して安心なだけでなく大型風車を用いた大規模発電型から、需要地に隣接して設置可能な小型のものまであり様々な利用方法が期待されています。個々の設備を小規模にすることも可能なため、規模によっては個人での設置・運用も可能になりました。
ただし作られる電気量が不安定・不確実であることと、周辺住民環境への悪影響があるといわれており、設置場所の選定に注意を要することが必須になります。

太陽光発電同様自然の恵みを利用した地球に優しい発電方法です。