新しいエネルギーと環境保護

私たちの暮らす地球は1900年後半から少しずつ温暖化が進み、そこに住む私たちの生活も影響をあたえるようになってきました。温暖化による大気や海洋の温度上昇は生態系に変化を与えたり、海水面の上昇によって陸地が海に沈んでしまったりといった異常な自然現象の他、これらによる作物の不作や体調不良などを引き起こしています。様々な説がありますがCO2(二酸化炭素)など温室効果ガスがその原因と言われています。そこで日本をはじめ様々な国が新しい燃料を使うことや新しい技術を開発することで温室効果ガスの発生を極力少なくし、これ以上の温暖化を防ごうとしています。私たちもできるだけ地球に優しいエネルギーの利用を心がけるようにしなくてはなりません。

新しいエネルギーと環境保護 エネファーム家庭用燃料電池 バイオマス燃料 代替燃料 太陽熱、地熱利用 風力発電 エコキュート クリーンエネルギー 自動車 天然ガス コジェネレーション W発電 太陽光発電 ソーラー発電
温暖化ガス

地球上に存在する二酸化炭素やメタンなどの気体は地球を覆うようにとどまり地球の表面から熱が宇宙空間に逃げるのを妨げる働きがあります。そのため温室のような効果を生み地表の温度は下がることができず徐々に地表の温度を上昇させます。そこでこれらの気体を温室効果ガスと呼んでおります。人間の活動によって排出される温室効果ガスはその多くをエネルギー発生時が起源であると推測されています。