しだまちライフ編集スタッフの日常を描いたおもしろブログ

» 2011 » 6月のブログ記事

今日は、大井川鐵道の終着駅となる千頭駅のすぐ近く、榛原郡川根本町千頭にある音の体験ミュージアム「音戯の郷」に行ってきました。
音と戯れることをテーマにした体験ミュージアムで、様々な音と遊ぶことができるんです。

ゲートから入り口まで間にこんなものを見つけました。蛇口をひねってみると・・おもしろい音が聞こえました!
館内に入ると聴診器を受取りました。こちらのミュージアムでは欠かせないアイテムです。
野鳥の声が聞こえる「森のごあいさつ」鳥のさえずりが聞こえてきます。

「森のワンショット」動物などを光のカメラでワンショットすると・・・
光があたれば声や音が聞こえます。

「ライン・シンフォニー」ワイヤーの中心ではオーケストラ、1本ではパート演奏が聞こえます。おもしろいですね。

館内にある音戯工房では、簡単な楽器作りが楽しめます。
この日は足立リポーターがパンフルートを作りました。パーツを組み立てていく感じなので簡単に出来上がりましたよ!早速吹いてみると、パンフルートの不思議な深い音色が出ました~♪
これはいいですね。親子一緒にでも、お友達同士でも楽しめますね。

そして、音戯の郷をあとにして千頭駅に向かいました。
駅のホームで待っていると、SLが到着しましたよ!どうですか?この佇まい。

そしてこちらは千頭駅に隣接しているSL資料館。
歴代のSLヘッドマーク。いろいろありますね~。
SL資料やSL部品の展示がされていて、SLの魅力が学べますよ。

みなさんもぜひ、千頭駅、音戯の郷に遊びに出かけてみてくださいね!
この日の様子は7月の遊・YOU・東海道で放送されます。お楽しみに!

藤枝市の総合計画の重点プロジェクト「花の回廊整備事業」

稲葉の河津桜、葉梨のアーモンド、朝比奈のコスモスなど、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
そして今回、瀬戸谷地区を10万本のひまわりでいっぱいにしよう!と、瀬戸谷生き生きフォーラムさんが中心となり、瀬戸谷自治会、瀬戸谷温泉・ゆらくなどの施設、地域が一体となった取り組みが始まりました。

今日は、瀬戸谷小学校の89人の子どもたちが学校向かいの藤の瀬会館でひまわりの苗の植え付けをしました。

苗が配られました。ひまわりの苗、小さくてかわいいですね~。

「大きくなってね」願いを込めて・・・やさしく植え付けます。
こんなに小さな苗からあの背が高くて立派なひまわりになるなんて、すごいですよね。

今日は200本の苗が植え付けられました。そして100本の苗はお家にお持ち帰りされました。
お家でもひまわりを咲かせて、地域で盛り上げよう!なんてわくわくする取り組みですよね。
これから、温泉施設ゆらくや、陶芸センター、大久保グラススキー場、道沿いの田んぼに植えていく予定です。
8月6日(土)には藤の瀬会館で瀬戸谷夏祭りが開催予定になっています。
その頃にはきっと大輪の花を咲かせたひまわりが見られることでしょう!
天候にもよりますが、8月下旬頃まで見られるそうですよ。ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。
夏に満開のひまわり畑、今からとても楽しみですね♪